下平稔司法書士行政書士事務所のイメージ

少額訴訟債権執行手続

【少額訴訟債権執行手続】

少額訴訟債権執行とは
 少額訴訟債権執行とは、簡易裁判所の少額訴訟手続において得られた債務名義(強制執行をすることができる根拠となる債権の存在を証明した文書)に基づき、その簡易裁判所所属の裁判所書記官の差押処分により開始する金銭債権に対する強制執行のことです。
 より簡易迅速に紛争を解決することを目的として創設された少額訴訟手続を利用して確定判決等の債務名義を得ても、債務者が任意に履行しない場合、執行手続が通常訴訟による債務名義に基づく場合と同じであれば、債権者の権利の実現に、債権額に比して過大な困難さが伴うことにもなります。そこで、少額訴訟手続によって債務名義が得られた後の執行手続についても簡易迅速な手続にすることにより、債権者の権利の簡易迅速な実現を図ることを目的として創設されたのが、この少額訴訟債権執行手続です。

少額訴訟債権執行の対象となる債権とは
 上記の趣旨から、差押えの対象となるのは、執行手続が比較的定型的といえる金銭債権に限られています。

利用することのできる債務名義
・少額訴訟における確定判決
・仮執行の宣言を付した少額訴訟の判決
・少額訴訟における訴訟費用または和解の費用の負担の額を定める裁判所書記官の処分
・少額訴訟における和解または認諾の調書
・少額訴訟における和解に代わる決定(確定したもの)

少額訴訟手続により得られた債務名義に基づく債権執行
 簡易裁判所の裁判所書記官に少額訴訟債権執行を申し立てることも、地方裁判所に通常の債権執行を申し立てることもできます。

【簡裁訴訟代理等関係業務】に戻る。



トップページ  事務所案内  業務案内  アクセス  リンク  サイトマップ


下平稔司法書士行政書士事務所  045-243-2595
〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町7-155-3 オリエント伊勢佐木町308

Copyright(C)2010 Minoru Shimodaira.

スマートフォン用はこちら