下平稔司法書士行政書士事務所のイメージ

家事事件(遺言) Q&A

Q1.故人の部屋から封印のしてある遺言書が見つかりました。自筆証書遺言のようです。どうしたらよいでしょうか。

 封印のしてある遺言書は、家庭裁判所で開封しなければならないことになっており、その前に開封してしまいますと、5万円以下の過料に処せられることになっています。自筆証書遺言は、家庭裁判所の検認が必要です。

Q2.検認とは、どのような手続ですか。

 相続権のある人に遺言書の存在及び内容を知らせ、遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名等検認時点における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造変造を防止するための証拠保全手続です。相続人全員及び利害関係人に通知をすることで、検認に立会う機会が与えられています。

Q3.相続人のうち、検認期日に出席しない相続人がいた場合、検認はされないのでしょうか。

 検認期日に出席しなかった相続人がある場合でも、検認手続は行われます。その相続人に対しては、家庭裁判所から検認済通知書を送る取扱いです。

Q4.検認済証明書をいただきました。遺言は有効であると理解してよいですか。

 検認は、遺言の有効無効を判定する手続ではありませんので、検認を受けた後でも、遺言の有効性を争われる可能性はあります。

Q5.遺言書には遺言執行者の定めがありませんが、相続人のうち遺言の執行に協力してくれない人がいて、執行が進みません。どうしたらよいですか。

 家庭裁判所に遺言執行者選任の申立てをすることができます。選任された遺言執行者が相続人の代理人として遺言執行を進めていきます。

Q6.遺言書に推定相続人を廃除する旨が記載されていました。どのような手続が必要ですか。

 遺言により推定相続人を廃除するには、遺言執行者が遺言の効力発生後に家庭裁判所に廃除の申立てをする必要があります。この申立ては相続人全員からすることはできません。

【家事事件】に戻る。




トップページ  事務所案内  業務案内  アクセス  リンク  サイトマップ


下平稔司法書士行政書士事務所  045-243-2595
〒231-0045 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町7-155-3 オリエント伊勢佐木町308

Copyright(C)2010 Minoru Shimodaira.

スマートフォン用はこちら